スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
かーさんの旅立ち
2008 / 02 / 13 ( Wed )
かーさん、来月日本に帰るんだって。
今度は僕ちん、お留守番なんだって。
とーさんと二人なんだけど、とーさんも日本に行くから
その間は、パピーとマミーのところに行くんだって。

僕、大人だから泣かないよ。
それにあの飛行機の中、僕ちん嫌い。
エンジンの音ちょっと怖いんだぁ。大人だけど。

P1090051.jpg


小野くんが軽くてね。。。。。小さくてね。。。。
機内に一緒に乗れるなら、かーさんもいっつも一緒にどこでも連れてくさぁ。。。
でもね、前回あーた、冷蔵庫にいれられそうになったの覚えてる?
かーさん、想像しただけで恐ろしいよ。もうやだ、あんな思いするの。
小野君連れていくとさ。。フライト中心配で心配で心臓に悪いのさ。
ただでさえ、飛行機怖くて揺れると、足下から頭にかーーーーーっと血が上ってしまうんだから。
だからごめんよ。今回はお留守番。

小野君留守番がんばれっ!応援の一票♪
banar.gif

スポンサーサイト
02 : 00 : 01 | 小野君 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<念願叶って。。 | ホーム | 今夜の夕食>>
コメント
----

小野君のお留守番に賛成!
貨物室に置かれてあるのは心配で、心配で・・・
貨物室の気圧や温度のチェックはてきとーだとも聞きますしね。

おばちゃんはね、、
ここは、ひとつ日本からのお土産を心待ちにしつつ、
マミーにどっぷり甘えるのがベストだと思うよ小野君。
by: lenghautsz * 2008/02/13 11:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

>lenghautsz様♪
ゲロッ。。。まじっすか???
テキトー???ビジネスクラスとか、ファーストクラスだったら、機内に乗せてくれますかね?
ま、無理な考えですけど。。。(笑)
by: sumie * 2008/02/13 15:56 * URL [ 編集] | page top↑
--小野君は--

デルモですから
パパ様といっしょにお利口に待ってるでしょう。
by: カルちゃんのママ * 2008/02/13 19:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

>カルママ様♪
ママ様より、パパ様のほうが好きなのでは?
と、思うほどパパ様っ子です。。。(泣)
by: sumie * 2008/02/13 19:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

私も来月帰国するのですが、シュリはシュミットさんの所でお留守番してもらうことになりました。ごめんよ!
こんな時、小野君と近所だったら一緒にお留守番してもらえるのになぁ!そんなわけないのですが、小野君とシュリが一緒にお留守番している姿を想像したらおもしろい~!
by: Sona * 2008/02/13 20:05 * URL [ 編集] | page top↑
----

>sona様♪
今日は、レス早いっす!!俺。(笑)

シュりちゃんと小野君のおするばん、
シュリちゃんはずっと小野君のおちりをおいかけ、
ず~~~と円形ダッシュしてそうですね!
ぐるぐるぐるる。。
by: sumie * 2008/02/13 21:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

私、一度大変辛い想いをしておりやす。

9年間香港で共に暮らしたチエゾー君という猫と日本に帰国したのですが、
案の定、客室には連れ込めず、貨物室へ、、
帰国2日後くらいに様子が気になり、獣医さんに連れていき二晩預かってもらいましたが、
突然亡くなりました。
死因がわからない ということで、
念のためレントゲンを撮らせてほしいということで・・・・
肺が真っ白に写ってました。
獣医さんとしては、機内の気圧で肺がやられたとしか考えられない、
ということでした。
体が小さい分、気圧の変化はかなり響くそうです。
航空会社によりけりでしょうが・・・
以来、我が家では小さい子はお留守番です。
by: lenghautsz * 2008/02/14 15:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

>lenghautsz様!
!!!!!なんて事でしょう。。。。。!
そうだったのですね~~
それはそれは、辛い思いをなさいましたね。。
それを聞いてこれからの対処をどうしようか真剣に悩みます。lenghautszさんと同じ日本で暮らす事になって
一緒に帰国する時とか。。小野君の命ある限りは、
フランスで生活するとか、そんな事まで考えることもしばしば。。。

安定剤を飲ませたりするのですが、その安定剤が
喉にひっかかったり、合わなかったらどうしよう、
気圧が調節されてなくて苦しんでたらどうしよう、
お洋服着せておけばよかったかな、でも暑いかもしれないしな、く~んく~~んいってないかな。などなど、
いろいろ心配はつきません。。。
前回、ヨーロッパ系の航空会社だったのですが、
餌とお水をバリに入れておいてくださいとの事で
そのせいか、飛行機の後も元気でいてくれました。。
でも、乗り換えの時に止められて、《貨物室に温度を低く設定するものが入っていて、一緒に入れたら風邪を引くのではないかと心配しております。》風邪どころじゃねーだろって思いましたが、気がついてくれたからいいものの、そのまま乗せられた可能性も充分にありうるので、
想像しただけでぞっとして、席について泣いちゃいました(笑)

貨物室にいる場合は、充分に確認が必要ですね。。。

by: sumie * 2008/02/14 16:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://setsdog.blog48.fc2.com/tb.php/141-2a1b3ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。